ワーホリ 国際交流 海外の旅 海外生活 留学 語学

【デンマーク留学・ワーホリ】フォルケホイスコーレに通うべき3つの理由!

更新日:

2019年5月よりデンマークワーホリ中のZICCO(@ziccommune)です。
私がワーキングホリデー先として北欧(デンマークやノルウェー)を検討し始めた時に、フォルケホイスコーレという全寮制の成人教育機関の存在をしりました。

ZICCO
今、ここに通うために、ワーキングホリデーや留学先にデンマークを選ぶ人が増えています。
  • そもそもフォルケホイスコーレとは何か?
  • なぜおすすめなのか?
  • どんな学校があるのか?

をまとめたので、早速みていきましょう。

スポンサーリンク

そもそもフォルケホイスコーレとは何か?

北欧の福祉政策の一環

フォルケホイスコーレとは、北欧の福祉政策の一環として設置されている成人教育機関です。
大学や専門学校とも異なり、入学試験や成績評価はなく、17歳半以上であれば何歳でも誰でも通うことができます。

学費、寮費、食費がすべて含まれて1カ月10~15万程度という非常に安価な費用で通えるのは、教育や福祉に力を入れているデンマークだからこそ可能なのでしょう。(とても有難いことに、デンマークのフォルケホイスコーレにおいては私たち外国人でもその恩恵を受けることができます)

フォルケホイスコーレはデンマーク発祥ですが、北欧各国に存在します。呼び名は国によって多少異なりますが、基本的なシステムやその社会的な存在意義は同じです。

どんなことが学べるか

何を学べるかはフォルケホイスコーレによって異なり、コースも多岐にわたります。

ZICCO
美術、デザイン、映画、音楽、演劇、歌、ダンス、建築、工芸などの芸術や創造性を磨くものから、 宗教、スピリチュアル、健康、ライフスタイル、北欧文化、福祉、語学、政治、文学、ジャーナリズム、哲学、心理学まで…本当に様々です!

人生の岐路に立ち、自分のことをゆっくりと考えたり…
新しいことを学んでみたり…
様々な人と考え方や意見の交換をしたり…

大人になってから改めて、自分の人生のために学びたい。
そんな風に考える人が多く集まります。

なぜフォルケホイスコーレがおすすめなのか?

おすすめの理由は大きく3つあります。

  1. 入学試験や成績評価がない!誰もが学びたいことを学べる
  2. 受動的な講義学習ではなく思考を深める能動的学習
  3. 物価が高い北欧にかかわらず安価に通える

下記で各項目をご説明します。

1.入学試験や成績評価がない!誰もが学びたいことを学べる

大学や専門学校とは違い、入学試験や定期テストなどはなく、成績評価もありません。
と同時に、何カ月何年通っても学位などはもらえません。
フォルケで学ぶことは、資格や学位のためではないのです。

『新しい仕事を始めるために、基本的な技術や知識を身に付けたい』
『自分の物事の考え方や捉え方を広げたい』
『健康意識を高めたい、ライフスタイルを改善したい』
『〇〇が好きだからもっと知りたい、体験したい』

など、学びたいことを学びたい人が自由なタイミングで学べる場所なのです。

例えば『自分はデザインを学びたい!』と思ったときに大学や専門学校で学ぶとしたら…
入学試験があり、勉強をスタートするための勉強が必要だったり、
学費がかなり高額で経済的なハードルも高いですよね。

詳しくは『3.物価が高い北欧にかかわらず安価に通える』の項目で後述しますが、フォルケは福祉の一環であるため学費もかなり抑えられるので経済的なハードルもかなり低いのです。

2.受動的な講義学習ではなく思考を深める能動的学習

大学の講義などでは教授の話をひたすら聞いて、心地よい眠りに落ちる…なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。

ZICCO
私はもちろん、たくさんあります(白目)

フォルケの授業はただ講義を聞くというよりは、ディスカッションやワークショップ、プレゼン、フィールドワークなどを通じて思考や学びを深めるスタイルの、能動的学習が中心です。

学びたいことを学ぶ上で、自分がどれくらい能動的になれるかはとても重要ですよね。

3.物価が高い北欧にかかわらず安価に通える

何かを学ぶときに、費用がどうしてもネックになることがありますよね。
しかしフォルケホイスコーレは驚くほど安価です。

どれくらい安価かというと…

1ヶ月の学費が10~15万程度。
しかも全寮制の寮費込み、3食付きで。

ZICCO
物価や税金が高く、普通に生活するのは少し難しく感じられる北欧ですが、フォルケに通うことで学びたいことを学べるうえに生活費もかなり抑えられるのです。

どんな学校があるのか?

デンマークのフォルケホイスコーレを探す

自分に合うフォルケホイスコーレ、学びたいコースを探すときは一般社団法人IFASさんがおすすめ。
デンマークにあるフォルケホイスコーレの情報量が1番多いサイトです。

▼このように、コース(学びたいこと)から検索できます。

おすすめのフォルケホイスコーレ

私が調べている中で通いたいと思ったところや、実際に通っている人から良いと聞いた学校を下記にご紹介します。

料金は学校やコースによって異なるため詳しくは載せていませんが、1カ月で6,000~8,000DKK(10~13万)程度が目安です。(2019年5月のレート)

Nordfyns Folkehøjskole(ノーフュンスホイスコーレ)

【公式サイト】
Nordfyns Folkehøjskole

【特徴】
デンマークで初めて日本人によって立ち上げられたフォルケホイスコーレ。日本人のスタッフさんも在籍されていて、ホームページは日本語で閲覧も可能です。

【コース】
『Danish Language and Culture』『SOSU(社会福祉)』『Personal Leadership』などのメイン科目に『Sports』『Body&Mind』などの副科目を組み合わせて選びます。

【時期と期間】

1月/4月/8月スタートのコースがあります。
期間は3カ月/6カ月などから選べます。
詳細は各コースの申し込みページにて、開講日時をご確認ください。

【場所】

Krogerup Højskole(クローロップホイスコーレ)

【公式サイト】
Krogerup Højskole

【特徴】
社会問題や国際問題に対し強い関心をもつ学生が多く在籍しています。
全体としてはデンマーク人の比率が高いが、留学生用のコースが用意されている。このコースを担当するNGO「Crossing Borders」の代表を務めるガルバ氏は”あらゆるボーダーを超えて人々の交流する場を生み出し、世界で起きている出来事を身近に捉え解決するために行動できる若者を生み出すこと”を目指しています。

【コース】
『Crossing Borders course』ではデンマーク社会、文化、福祉システムを学んだり、コミュニケーションやプレゼンのスキル、社会起業の基礎知識などを身に付けたり、持続可能な社会や平和と紛争への理解を深めるなど幅広く、しかし”世界で起きている出来事を身近に捉え解決するために行動できる若者を生み出す”という目的に沿った内容になっています。

このメインコースに『Dance』『Outdoor life』『Yoga』『 Social entrepreneurship』などの副科目を組み合わせます。

【時期と期間】

春/秋スタートのコースがあります。
期間は8週間/18週間/24週間などから選べます。
詳細はコース申し込みページの下部から各年の開講日時をご確認ください。

【場所】

Højskolen For Bevidsthedsudvikling

【公式サイト】
Højskolen For Bevidsthedsudvikling

【特徴】
芸術や創造性を学びたい、人間性を磨きたい、心身ともに健康的なライフスタイルを身につけたい人におすすめです。
ヨガやメディテーション(瞑想)のクラスが人気。
寮での食生活にもこだわっており、提供される食事はベジタリアン料理・オーガニック食品。アルコールも控えるように推奨されており、徹底的に健康意識を高めるのに良い環境です。

【コース】

『Health Care Department』『Art, Creativity and Consciousness』『Music, Songwriting and Joy of Life』などのコースがあります。

【時期と期間】

1月/5月/9月スタートのコースがあります。
期間は4カ月間が基本。
詳細はPractical Informationページから各年の開講日時をご確認ください。

短期コースもあるようですが、詳細がホームページ上では更新されておらず確認できないので学校に直接問合せが必要です。

【場所】

ZICCO
最後にご紹介した『Højskolen For Bevidsthedsudvikling』は、私が実際に9月から通う予定のフォルケホイスコーレです!
猫野郎
これ以外にもたくさんのフォルケホイスコーレがあるから、自分に合いそうな学校を探してみてね!







-ワーホリ, 国際交流, , 海外の旅, 海外生活, 留学, 語学

Copyright© ZICCOMMUNE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.